ダイエットや体の運動のためにウォーキングをおこなっている人は多いと思います。
しかし、早漏や勃起不全のために、男性機能を高めるためにウォーキングをする男性もいるそうです。

有酸素運動を行うことは、体内の血流を上げたり、男性ホルモンを向上させるために、とても必要なことですが、特に男性の筋肉の70%以上は下半身になるので、中心的に下半身を鍛えることが大事。

そのために、毎日のようにウォーキングを行い、下半身を鍛えることが男性機能の向上で、早漏改善に期待することができます。

早漏の原因の一つとしては男性ホルモンの乱れが考えられています。
男性ホルモンは筋肉を作りますので、体を鍛えれば男性ホルモンの分泌を正常に保つことができます。

それにたいして、毎日のような決まった運動習慣がない人はイキナリジムで筋肉トレーニングを始めるとかなりのハードルになります。

そこで、おすすめしたいのがウォーキング。
ウォーキングは有酸素運動の一つに入りますが、毎日のように歩くことで、糖や脂肪を燃焼させて、肥満やメタボリックシンドロームの予防、それから改善につながります。

メタボリックシンドロームは、内臓脂肪肥満に加え、高血糖、高血圧、脂質異常のうち2つ以上をガッベイした症状で、特にメタボリックシンドロームを抱えている人は、早漏や勃起不全に悩まされている人が多いとされています。

ウォーキングは体の動作を行うことで、リズムを毎回のように繰り返すことで、このリズムが一つのポイントとなり、体内の自律神経をうまくコントロールすることになります。そうすることで、テストステロンの働きをサポートして、早漏の予防につなげてくれます。

ウォーキングは、一日に30分をベースに毎日のように行うことで効果が期待できます。しかし、最初から始めると、疲れを感じてしまい、やめてしまうおそれがあるために、まずは1週間に2~3回のペースにして、徐々に回数を増やすように。