人間に備わっている自然治癒力というものが有ります。
ケガをしても、風を引いても、そのままにしておけば、自然と人間の力で治すことができる。

私たちは、少々の病気や精力の衰えなどを吹き飛ばす力を持っているということになります。でも、これは若い年齢の話で、としをとれば免疫も通ろえるし、体の至る部分は、弱くなるのが正直な所。

そのために、様々な病気に苦しんだり、早漏や勃起不全に悩まされ、セックスレスにもつながってしまう。そこで、自然治癒力を高めるために、規則正しい生活を送ることが重要になります。

たしかに、早漏を防ぐためにリドスプレーを使ったり、勃起不全のためにバイアグラを服用する人もいます。しかし、その場を凌ぐよりも、根本的な部分を改善することが重要になるかと思います。

そこで、大切になるのが睡眠です。

現代人は、残業や夜あそび、インターネットや携帯電話の普及により、とかく睡眠を疎かにしがち。いい睡眠を取らなければ、良い健康を手に入れることはできない。

本当に重要な事を、重要に手に入れていないような気がする。
確かに、ネットをしたり、話をすることも大切ですが、体のことを考えると、睡眠をしっかりと取ることが大切です。

どうしても、人間の構造としては、昼間に交感神経が活発に働き、緊張状態にある自律神経、副交感神経が優位になります。これはだれでも言えること。

自律神経は、体が起きている時に働く神経で、言わば人の緊張を掌る神経。副交感神経は交感神経とは逆によるに働く神経になります。

睡眠の時間が短くなると、交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまい、ストレスを貯めやすく、ホルモンのバランスが崩れ、精力の衰えや勃起不全、早漏などにもつながります。

そのために、毎日のような睡眠時間を意識して取ること。
1日に最低でも6時間以上はとり、毎日のように欠かさず繰り返すことが大事。